読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なすびのおじや

元ニートですが無事に社会復帰しました

スポンサーサイト

万人受けとかアクセスとか気にしないが良いよね

朝に目が覚めた瞬間から、「よし、面白い記事を書くぞ」と意気込んでいました。

つまんねえが、意外と心に効いていたようです。

ずるずる引っ張って申し訳ない。

しかし効いていたんだな、案外。

umc.hatenablog.com

私は、他人に嫌なことを言わないようにしよう、と決めました。

 

そんな意気込みは無駄やった

歯を磨きながら、思いました。

いや面白い記事書けるならもう既に書いとるわ。

大体何だよ「よし、面白い記事を書くぞ」って。

そんな意気込みの時点でもう面白くないわ。白けるわ。

そもそも何だ。面白い記事って何だ。

芸人目指してるのか。そういう系統の面白さなのか。

はたまた、「なるほどぉ」と思わせるような面白さなのか。

ライフハックは私知らんぞ。効率悪い生き方がなんぼのもんじゃい。

 

大体から、面白いなんて人によって様々であってだな。

バラエティ番組を誰かと一緒に見ていても、笑うタイミング微妙にずれてたりするし。

度々登場するけど、以前女装家友人道歩いていた時に

その女装家友人が、後ろから自転車に乗って来た見知らぬ男から、追い越し際にお尻を「ヘーイ!」って掛け声とともにパーン!と叩かれてしまって

当の女装家友人は大爆笑だったけども、私は「いや今の変質者だよね!?大丈夫!?」と慌ててたり(今思えば、中身男だから笑えたのか)

その後に私が、余所見しながら歩いてて、コンビニのドアに突っ込んでいってしまった(自動ドアだと思っていたら、手動ドアやった)時は、私はびっくりしつつ思わず爆笑したけど

女装家友人は「いや笑うとこじゃないよね!?色んな意味で大丈夫!?」と心配してきたり

まぁ、笑いポイントは人それぞれなんですよね。

 

万人受けを考えたって意味が無かった

誰もが面白いと思える=万人受けする?

世の中はマジョリティで溢れているはずなのに、万人受けって難しいもんだ。

万人受けするようなブログって、なんだそれは。

考えたがわからなかった。

まぁそこそこ考えた。

わからなかった。考えながら部屋片付けてたら、そこそこ綺麗になってきた。

どうしてPC机の下にみりんが落ちてたんだ。わからなかった。

 

以前、同い年の女の子達と「どんなデートをしてみたいか」というなんとも女子っぽい話題で盛り上がりました。

私は、「そこらへんのどこにでもあるような小さい公園で、全力で滑り台やブランコを楽しみたい。そしてコンビニで麦のお酒でも買って、ベンチで座って、適当なお菓子を食べたい。」と言いました。

びっくりするほど賛同が得られませんでした。

女の子ってとりあえず「わかる~」って言ってくれるんじゃないのか。

おかしいな。私のプレゼンスキルが低いせいかな。

事実、いい年こいた大人が公園で全力で遊ぶのって、案外楽しいもんなんです。

男友達数人と、公園のベンチでお酒を飲んで、全力で遊具で遊ぶというのをしたことがありまして

リアル「ママ、あの人達何?」「しっ!見ちゃ駄目!」を経験してしましたが

それを加えても楽しかったわけです。

もし、彼氏と出来たらどんなに幸せか、楽しいだろうな、と思いました。

つまり、これに付き合ってくれる人が良いなと。

話が脱線してしまいました。

とにかく、身近の女の子達とすら共感し合えないくせに、万人に受けることを私が言えるはずが無いのです。

 

わざわざアクセスしていただいて、面白いと言ってくださる方が事実いらっしゃいますので、それにふんだんに甘えて

万人に面白いといってくれるようなブログを目指すのはやめます。

以前どおり、深夜のハイテンションに任せてブログ書いて、昼の12時頃に公開するように予約投稿して、寝て

完全に目が覚めて冷静さを取り戻した昼過ぎに、ブログを見直して「うわぁ…何言ってんだコイツ」と明日の私が後悔する日々を、繰り返したいと思います。

 

どうぞ今後ともご贔屓に!

おやすみなさい!

広告を非表示にする
スポンサーサイト