読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なすびのおじや

元ニートですが無事に社会復帰しました

スポンサーサイト

自力で失った声を取り戻した凄い人の存在を知りまして

学生時代の友人の彼氏が、筋ジストロフィーで気管切開をし、一時は声を失ったが、自力で声を取り戻したという話を先日聞きまして

友人はサラーっと話してましたが、聞きながら「え!?凄くない!?」と終始驚き。

記事にもなってます。

高口さん、まっとんというあだ名らしいです。

www.nishinippon.co.jp

 

誤嚥は確かに怖いですし、でも飲み食いはしたい気持ちもわかります。

誤嚥とは

人間が食べ物を飲み込む時、舌で咽頭に送り込みます。

咽頭には2つの道がありまして、これが食道と気管です。

食べ物を飲み込む時は、食道の方に入っていく(嚥下)のですが、何らかの理由で誤って気管の方に入ってしまうことがあります。これが誤嚥です。

人間は元々誤嚥をしやすいのですが、食べてる時にむせることってありますよね。

あれは気道を守る為の反射が起きていて、食道に入るように体ががんばってるんです。

老人に多くみられる誤嚥性肺炎というものがあり、これは怖いもので、これが原因で亡くなる方も多いです。

 

喉頭分離手術に踏み切ったまっとんさん

メリットとして、誤嚥は防げるかもしれませんね。

ただ、声を失う可能性があるのに、喉頭分離手術に踏み切るのは私は出来ないなぁと。

喉頭分離手術のデメリットとして挙げられるのが「声が出せなくなる」ことです。

元々食道と気管は繋がっているのですが、その名の通り「分離手術」なので、気管と食道を分離させるんです。

気管の上の部分を切り取り、塞いで人工呼吸器をつけて呼吸をする仕組み?です。

何度も言いますが、喉頭分離手術をすれば声を発することは望めないんです。

そして一度喉頭分離手術を受けたら元に戻せないんですよ。

二度と気管と食道を繋げることはできないそうです。

そもそも声は、喉頭(喉仏のあたり)の一番狭いところにある声帯が振動して発せられるものです。

気管から声が出てるわけですよね。気管塞ぎますからね。

実際にまっとんさんは術後に声を失ったようですし。

しかし、オロナミンCを飲んだ時にゲップが出て、そこから声が出るようになったそうで。

え!?凄くない!?そんなことある!?

つまり食道から発声してるってこと?

どういうこと?

調べてみたけど、まっとんの記事しか出てこない…やっぱ珍しいことなんだ…

 

実際にまだ、まっとんさんに会ったことは無いんです。

YouTubeのまっとんさんの喋ってる動画があります。

「まっとんのまっとうけん」です。

ニコニコ動画生放送のカヨチャンネルもやってます。

見ました、見ましたよ…おおお…めっちゃ流暢に喋ってる…

すげぇなー

 

こういうの見ると、なんだか希望持てますね!

不可能を可能にするって凄いです。

私もがんばろう。

スポンサーサイト